スポンサーリンク

韓国映画『白頭山大噴火』は、巨大噴火を人の力で食い止めようとする防災映画なのかもしれない – 8月27日(金)公開

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

韓国映画です。朝鮮半島にある巨大火山「白頭山」が大噴火を起こすというディザスター映画(災害映画)なのですが、これまでの災害映画とは異なり、究極の噴火を人の手で止めようと試みるドラマです(もちろん道具を使ってですが)

劇中に登場する地震学者カン・ボンネによると白頭山の地下にあるマグマだまりは4つ。その最後の巨大なマグマだまりが噴火をすれば朝鮮半島が壊滅する。なので、最後のマグマだまりに横穴をあけて圧力を下げて巨大噴火を食い止めようとするもの……なのですが、はたして人の手で自然災害を止めることができるのか!

実は、このような自然災害を人の手で食い止めようとする映画は実は多かったりします。地球に向かって飛んでくる彗星を破壊して地球への衝突を回避させるという『アルマゲドン』、地球の核に小さなブラックホールを落としてしまい、それによる地球崩壊を食い止める『コア Core』、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では惑星を破壊してしまう規模の火山噴火をテクノロジーで食い止めたりします。また日本の映画では、地球に向かってくる妖星を回避するために地球そのものの軌道を変えてしまおうという『妖星ゴラス』(似たような映画に中国製の『流転の地球』)、そしてあの小松左京原作の「日本沈没」を原作にしつつもラストシーンを大幅に変更した『日本沈没(2006)』原作では完全に日本が水没してしまうのに対して、この樋口慎二監督作品の『日本沈没』では最後の最後に、全世界の地球観測船の力を借りて、引き摺り込まれる地盤(プレート)を日本列島から切断して日本列島の完全な水没を回避するというものでした。

この先にも、台風や線状降水帯など気象災害を人の力で止めようする作品や、地震や津波を人の力で止めようとする作品など、『自然災害という脅威そのものに立ち向かう人々』を描く作品は増えてくると思います。またその空想科学的ではあっても「自然災害を食い止める装備」を空想力/妄想力で描いてみるというのも、この先100年、200年のスパンで考えれば技術開発の指針になるやもしれません。

スポンサーリンク

『白頭山大噴火』日本版予告編





イントロダクション

大噴火まで残された時間は、75時間―
北朝鮮と中国の国境にある白頭山が突然噴火。
さらなる大噴火が起これば、朝鮮半島は間違いなく壊滅する。
半島の運命を握るのは、北朝鮮の隠された核兵器とその場所を知る北の工作員。
成功率わずか3.48%の半島救出ミッションが始動する!
大都市崩壊のスペクタクル、迫りくるタイムリミット、超大国アメリカ、中国の思惑が絡み合うスパイ映画さながらの駆け引きをも盛り込んだ、怒涛のストーリー展開で観る者の目をくぎ付けにする、究極のエンタテインメント超大作『白頭山大噴火』。韓国公開後3週連続1位を達成し、観客動員820万人超えの大ヒットを記録。世界90ヵ国以上で絶賛されたタイムリミット・ディザスターアクションがついに公開!

主演には初共演となる『神と共に』のハ・ジョンウと『KCIA 南山の部長たち』のイ・ビョンホン。また、マーベルの最新作『エターナルズ』にも出演するマ・ドンソクや『建築学概論』のペ・スジなど超豪華俳優陣が集結。『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソが監督を務めリアリティあるドラマと迫力の映像を実現。制作には『パラサイト 半地下の家族』を始め革新的な技術力で数々の傑作を生みだす、デクスタースタジオが参加し、かつてないブロックバスター・ムービーが2021年夏、日本を席巻する!

ストーリー

かつてない、破壊が迫りくる!
北朝鮮と中国の国境にそびえる火山・白頭山で観測史上最大の噴火が発生!マグニチュード7.8の地震は遠く離れたソウルをも直撃し、ビルは倒壊し、漢江は荒れ陸橋は崩壊。未曾有の事態に朝鮮半島は大パニックに陥る。史上最悪の災害を止めるため、政府は白頭山の地質分野の権威である大学教授カン(マ・ドンソク)に協力を要請。カンは半島を崩壊させるほどのさらなる大噴火が起こることを予測する。タイムリミットは75時間―韓国軍爆発物処理班の大尉チョ・インチャン(ハ・ジョンウ)は部隊を率いて、北朝鮮へ潜入し火山の鎮静化を図る秘密作戦を実行に移す。そのためにはまず作戦成功のカギを握る北朝鮮・人民武力部の工作員リ・ジュンピョン(イ・ビョンホン)を見つけ出し、次の大規模噴火を何としても食い止めなければならない。果たして彼らは、朝鮮半島の崩壊を阻止することが出来るのか!?

キャスト

  • リ・ジュンピョン – 作戦の鍵を握る北朝鮮 武力省(イ・ビョウホン)
  • チョ・インチャン – 予期せず半島の運命を託された韓国軍大尉(ハ・ジョンウ)
  • カン・ボンネ – 以前から白頭山の噴火を警告していた 地質学者(マ・ドンソク)
  • チョン・ユギョン – カン教授を信じ、政治的方面から支援する 韓国大統領府 民政首席(チョン・ヘジン)
  • チェ・ジヨン – 大切なものを守るため、希望を捨てないチョ大尉の妻(ペ・スジ)

スタッフ

  • 脚本/監督 イ・ヘジュン、 キム・ビョンソ
  • VFX DEXTER STUDIOS(デクスタースタジオ)

あわせて読みたい

 

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました