スポンサーリンク

【報道】南海トラフ巨大地震、40年以内の発生確率「90%程度」に引き上げ | 読売新聞/Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

2022年は気になるニュースが目白押し。その中のひとつがこれです。

スポンサーリンク

南海トラフ巨大地震、40年以内の発生確率「90%程度」に引き上げ

南海トラフ巨大地震、40年以内の発生確率「90%程度」に引き上げ(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 政府の地震調査委員会は13日、国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内にマグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「
南海トラフ巨大地震、40年以内の発生確率「90%程度」に引き上げ : 科学・IT : ニュース
政府の地震調査委員会は13日、国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内にマグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「90%程度」に引き上げ

 政府の地震調査委員会は13日、国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内にマグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「90%程度」に引き上げた。

30年以内に80%が40年以内に90%に引き上げられたというこですが、私たちは「確率の世界」に生きているわけではありませんが、“起きる”とわかっていることに対する備えは必要だと思います。

特に元京都大学の鎌田浩毅先生によると、2035年を中心に前後5年…すなわち2030年〜2040年の間に起こると予想しています。

国土交通省 国都地理院と気象庁による南海トラフ地震に対する定期的な会議「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」が開催されていますが、それでも“いつ起こるかわからない/いつ起きても不思議はない”のが地震です。

備えておきましょう。

長期評価による地震発生確率値の更新について

長期評価による地震発生確率値の更新について | 地震本部

 

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました