青森地震 震度4。終戦記念日に台風10号+最高気温40度+地震の複合自然災害

スポンサーリンク

地震速報

やぁ、RESCUE4thレスキューフォースです。

今日、8月15日は終戦記念日。正午には1分間の黙祷…という日なのだが、台風10号は上陸するし、新潟県では40度を超える最高気温が続くし、青森で震度4の地震はあるし、自然災害は戦争以上にタチが悪と感じてしまうほどだ。




台風動画

台風には台風に対する備えが必要だし、地震には地震に対する備えが必要。また猛暑・酷暑には熱中症を含めた備えが必要なのだが、どうやらこれからの日本の自然災害のありようを考えると、単純にひとつひとつへの対処…というだけでは収まりきれなくなっているように感じます。

酷暑(最高気温)情報

荒木健太郎さんは、映画『天気の子』の気象監修もされた天気のプロです。




複合自然災害への備え

 

これまであまり考えてこなかった自然災害への対応が必要かもしれません。自然災害を複合的に、俯瞰して見ながら、それに備えることをしていかないといけない。例えば、台風による豪雨で地盤が弱くなっているところに地震が発生する。クーラーの無い避難所では熱中症の危険性があって夏場は避難できない…とか。

ひとつひとつの災害に対するハザードマップはあっても、複合的な自然災害の危険を伝える総合・複合ハザードマップは存在していない…とか。

 

たぶんもうすでに、防災は1.0から2.0や3.0に移行しなければ、これから日本に起こり得る自然災害では生き残れないかもしれません。

自分自身を守るために、大切な人を守るために。何ができるのか、本当に知恵を絞って自然災害に立ち向かう時代になってしまいました。

 

生き残ろう、未来を!




コメント

タイトルとURLをコピーしました