スポンサーリンク

政府の地震調査委員会 南海トラフ大地震による大津波の確率を発表 3mを超える津波は71の市区町村で26%以上の確率で襲ってくる – 私たちにできる備えとは?

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

2020年1月24日、政府の地震調査委員会が将来30年以内に80%の確率で発生する「南海トラフ地震」の際に起きる大津波の危険性を地域別に確率で示したものを初めて公表しました。

これをどう受け止めるか、南海トラフ地震のその日に生き残るために、私たちは何を知り、何を備えておかなければならないのか。




南海トラフ 大津波の確率、71市区町村で26%以上 | TBS NEWS

南海トラフ地震 津波確率 3m以上は26%超 | FNN.jpプライムオンライン

地震調査委員会 津波評価の報告書

津波評価 | 地震本部

<参考資料> (事務局資料)

 

これらの報告をうけて、大事なことは個人として何ができるか、自治会などの地域コミュニティとして何ができるか、そして市町村や都道府県といった行政として何ができるかを考え備えるために実施することだと思います。

南海トラフ地震はほぼ確実に発生してしまうようです。その時に起きる津波だけでなく倒壊した建物や道路、ライフラインなどなど総合的に防災対策をしなければなりませんが、もう少し切迫感をもっても悪くはないと思うのですが……。





【リンク】




コメント

  1. […] 政府の地震調査委員会 南海トラフ大地震による大津波の確率を発表 3mを超… […]

タイトルとURLをコピーしました