誰があなたの命を守るのか “温暖化型豪雨”の衝撃という NHKスペシャル

スポンサーリンク

「温暖化型豪雨」という言葉を初めて知った。

これまでは、集中豪雨とかゲリラ豪雨、ヒートアイランドによる集中豪雨(夕立など)などはあったが、温暖化型豪雨とは、豪雨の原因が地球温暖化であり、海水温の上昇などによる台風の大型化だけではなく、ヒートアイランドにおける豪雨も基礎となる気温そのものが上がっていることで、今まで以上に発生しやすく、大型化(豪雨化)しやすい…という警鐘でもある。

こんな番組が、令和元年(2019年)6月30日(日)午後9:00からNHKで放送される。(裏番組が「君の名は。」、最新作「天気の子」の冒頭も放送されるとか)

令和元年は、大雨の年になる可能性が高いように思う。

すでに、令和初の台風への警戒以上に、その後の豪雨により今まさに各地で避難勧告が出ている。

自分の家は高台だから大丈夫とか、崩れそうな裏山はないから大丈夫…などと安心せず、自治体が発行するハザードマップなどを確認して、突然襲ってくる自然災害から自分の命、家族の命を守れる行動がとれるように、備えておくことが大事です。

さきの、江戸川区が発行した水害ハザードマップではないが、もはや自治体は知り得た情報を住民に対して提供するが、住民の命を守ってくれる余力はすでに持っていない。ひとりひとりが正しい情報をもとに、自らの命を守るための行動をしなければならない時代になってしまっているのです。


【リンク】







コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました