スポンサーリンク

熱中症対策がアニメに。『はたらく細胞』第11話「熱中症」が公開。

スポンサーリンク

令和元年 (2019年) は暑い年だった…と、後の世に語り継がれるほどの暑さを爆進中の5月。北海道から沖縄まで軒並み真夏日を迎えています。このブログ「自然災害レスキューRESCUE4th」でも熱中症は自然災害のひとつととれえており、この災害から人が被害にあわないように、何をしたらよいかを提案したいと考えていました。熱中症対策食べ物とか熱中症対策グッズなども、これから順次投稿していこうと思っていますが、基本はなによりも[水分補給]かな。

そうした矢先、このアニメがアニプレックス様より公式に公開されましたので、ぜひ皆さんにもごらんいただきたいと思っております。

「はたらく細胞」とは

漫画家 清水茜氏により、月刊少年シリウスに連載されている漫画です。人の体は数十兆個の細胞が働いており、それぞれ専門の役割を持っている。その細胞のひとつひとつを擬人化し、人体の中での働きを描いている作品だ。これが実におもしろい。人の体を維持するためにそれぞれの細胞がどんな役目を担い、実際どのように働き、何をし、時には外敵から守っているのか。作品そのものとしてもご一読をお勧めする。

第11話「熱中症」を無料公開

テレビアニメ第11話「熱中症」が、『熱中症に気をつけよう! 【公式】TVアニメ『はたらく細胞』/第11話「熱中症」』のタイトルで公開されたのは、2019年05月24日。その説明文にはこうある

週末から急に暑い日が続く様ですので、皆様、熱中症にお気をつけ下さい。
水分,塩分補給・休憩を忘れずに、あなたの細胞たちがこんな風にならない様にお過ごし下さい

TVアニメ『はたらく細胞』公式サイト | 第2期制作決定!
体内細胞擬人化アニメ『はたらく細胞』第2期制作決定!

第11話「熱中症」

■STORY
うだるような暑さに包まれた体内世界。
発汗してもうまく体温冷却できない。
異常な血流増加、上がり続ける体温……
そう、体内世界は「熱中症」になっていた!

この隙につけこんで好き勝手暴れ回るセレウス菌。
頼みの白血球(好中球)も暑さのためヘロヘロになって
本来の力が出せない……!

この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?

■STAFF
脚本  :柿原優子
絵コンテ:岩崎知子
演出  :久保太郎

TVアニメ「はたらく細胞」2期制作決定!

公式HP:https://hataraku-saibou.com/
公式Twitter:@hataraku_saibou(https://twitter.com/hataraku_saibou)

こんな風にならない様にお過ごし下さい!

ということで、熱中症はなぜ起こるのか、その時体の中の細胞たちはどんな役割を担い、何をしているのか。このアニメでは最後は点滴により回復するというストリーですが、できるだけそんな状態にならないよう、こまめに水分補給と塩分補給をおこないながら、できるだけ日向や高温になる場所をさけ、日陰や涼しい場所に移動することで熱中症にならないように気をつけることがなによりも大事ですね。


【リンク】




コメント

タイトルとURLをコピーしました