スポンサーリンク

「避難勧告」廃止「避難指示」に一本化。警戒レベル4-避難指示で対象となる地域は全員避難となりました

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

2021年令和3年の梅雨が予想よりも早くきました。あわせて、今年は雨が多く、台風もまた大型のものが増えるかもしれません。さらに台風よりも恐ろしい「線状降水帯」に対しても気象庁をはじめ国が力を入れています。

そのくらい、かなり危険な状態が今年は予想される…ということなのです。

そしてこの5月20日に新しい「避難」のための基準ができました。

スポンサーリンク

「避難勧告」廃止「避難指示」に一本化。避難指示で全員避難へ!

警戒レベル 避難情報 私たちがとるべき行動
緊急安全確保

すでに災害が発生している状況で避難行動ができない状況。
なによりもまず自分と大切な人の命を守るための行動を取る

↓ここまでで必ず対象地域の全員が避難をしてください↓
避難指示 危険な場所から避難すること
3 高齢者等避難 高齢者など避難行動に時間がかかる方々の避難を。
2 避難場所/避難方法/道順などの確認
1 最新の災害情報に注意すること。

ニュース動画









あわせて読みたい

線状降水帯による大雨に最大限の注意を!! - 積乱雲(入道雲)の連続攻撃が地域を水没させてしまいます
こんにちは、RESCUE4thです。 今年は、5月で梅雨入り。今後台風も気をつけなければなりませんが、なによりも「線状降水帯」が怖い存在になります。 線状降水帯とは ひと言で言えば、活発化した積乱雲が線状に並んで大雨を降らせながら...

関連リンク


 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました