火災旋風 – 首都直下地震で起こる地震火災と炎の竜巻の恐怖 – 生き残るにはとにかく正しい情報に基づく避難行動を!

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thレスキューフォースです。

都会のような人工密集地で、地震などによる広範囲での火災が発生すると、場所によっては[火災旋風]が起こることが予想されています。1923年の関東大震災の際に起きた火災旋風の様子をとらえた動画が発見されたとのこと、詳しくみてみましょう。

1923年 関東大震災 実写映像

1923年9月1日に発生した関東大震災、その時の実写映像が残っていたことを伝える動画です。

墨田区にあった被服廠跡=陸軍の軍服製造工場の跡地では避難した95%に当たるおよそ3万8000人もの人たちが犠牲になりましたが、その死因のほとんどが火災旋風による焼死だったとか。




火災旋風の屋外実験#1

火災旋風は、炎による上昇気流で起こるつむじ風。この実験映像では三階建のビルの高さくらいですが、これがさらに50m、100m、200mの火災旋風となると……もはや人の力でなんとかできるレベルを超えています。



炎の竜巻(火災旋風)がオーストラリアで fire tornado

012年9月11日、巨大一枚岩「エアーズロック」の近くのカーティン・スプリングスで映画撮影していたチームの近くで炎の柱が発生。山火事によるものだそうです。

火災旋風から逃れる方法は、ただひとつ![火災旋風から距離をとる]すなわち、とにかく逃げることです。

関東大震災のときも、火の手から逃れようと隅田川にかかる多くの橋から飛び降りた人たちがいましたが、上からどんどん人が飛び降りてきて、ぶつかったり、重なり合ったりして溺死した犠牲者も多かったと聞いています。

出来る限り正しい情報に基づいた避難行動をとる。それが唯一生き残る可能性を高くする方法のようです。

 

【あわせて読みたい】

体感 首都直下地震ウィーク - ナビゲータ 井ノ原快彦, 小芝風花,高橋克典 パラレル東京 他 12/1〜12/8 NHK を見逃すな! - 今後30年以内に70%の確率で発生する首都直下型地震- 倒壊 津波 火災旋風 群衆雪崩 広域通信ダウン 被害想定がハンパじゃない - その日を生き残るために必要なことを身につける一週間 -
こんにちは、RESCUE4thです。 NHKが首都直下地震に対して番組を横断して取り組む一週間。 『体感 首都直下地震ウィーク』2019年12月1日〜12月8日を放送する予定です。一週間の番組表を作ってみました。いつか起きる首都...
パラレル東京 主演女優の小芝風花 (こしばふうか)さんってどんな女優さん - 魔女の宅急便 天使のいる図書館 トクサツガガガ 他多数!
こんにちは、RESCUE4thレスキューフォースです。 12月1日から8日までの期間、NHKの首都直下地震ウィークがはじまりますが、そのメインともいえるNHKスペシャル リアルタイム ドキュメンタリー ドラマ『パラレル東京』。その主役...




コメント

タイトルとURLをコピーしました