スポンサーリンク

あの吉野家がレーション(戦闘糧食)?! 非常食としての「缶飯」を発売。

スポンサーリンク

 

 

吉野家の缶飯

吉野家の缶飯

非常用保存食と書いてある非常食ですが、どうみたって自衛隊の「かんめし」、ミリメシ、レーションとしてしか見えません。

あの吉野家がついにこんな商品を出してきた。[非常用保存食]としての丼ごはんの缶詰を発売するという。

自衛隊をはじめ、世界各地の軍隊においては「レーション」あるいは「コンバットレーション」と呼ばれる戦闘糧食が用意されている。一部のマニアには「ミリメシ(ミリタリー飯)」とも呼ばれている。自衛隊においては昔は缶詰が多かったのだが、現在ではレトルトパック型の方が多いと聞く。

そんな戦闘糧食は、もちろん長期保存にもきくしし、蓋を開ければそのまま食べることもできるが、ご飯ものはがらっと大鍋にお湯をわかして、ごっそり缶ごと入れて温めて食べる…なんていうこともできたりする。その缶飯が、民間企業の…しかも吉野家から発売された。

種類は全部で6種類

  • 缶飯牛丼(160g)
  • 缶飯豚丼(160g)
  • 缶飯牛焼肉丼(160g)
  • 缶飯焼鳥(160g)
  • 缶飯豚生姜焼 (160g)
  • 缶飯焼塩さば(160g)

まだ試食はしていないが、これはぜひ食べてみたいです。

いまのところ、吉野家の通販サイトからの購入のようですが、そう遠くない将来、こした非常食が各食品メーカーから発売され、近所のコンビニやスーパーでも平時から購入できるような時代になると予想していたりする。まぁ、その裏側には迫り来る危機的状況(たとえば「難関トラフ地震とか、首都直下型地震とか、超大型台風などによる風水害とか…)があるのだが、通常の食品が流通できなくなったり、調理のための水や火が使えなくなったときでも、空腹を満たすことができる非常食=非常用保存食。決して安くはないが、備えあれば憂いなし…である。

【商品構成】

  • 吉野家 缶飯6種6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯牛丼6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯豚丼6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯牛焼肉丼6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯焼鶏6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯豚しょうが焼6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)
  • 吉野家 缶飯焼塩さば6缶セット【非常用保存食】 4,860円(税込)

どれも6缶セットでの購入になるが、ぜひ手元に置いておきたい非常食である。

そう願わくば…あの「たくあんの缶詰」も出してほしい。

(自衛隊の缶飯/コンバットレーションは、一般販売をしていません)


【リンク】





コメント

タイトルとURLをコピーしました