スポンサーリンク

キャンプ道具はそのまま防災道具でもある – ゆるキャン△を参考にキャンプ道具を揃えてみよう!

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

大きな災害が起きていないから…といって、安心できないのが災害大国日本。ただ、そうはいっても年がら年中防災ばかりを考えてはいられません。ただ、ちょっと視点を変えてみると、こんな道具がいざというときに役立つことがあります。

ひとつは、キャンプ道具。もうひとつはテレワーク(ワーケーション)だと、RESCUE4thでは考えています。

今回はキャンプ道具がいかにして防災道具として使えるか、人気漫画/アニメ/ドラマの『ゆるキャン△』のキャンプ道具から見て観たいと思います。

スポンサーリンク

ゆるキャン キャンプ道具

いわゆる、ガチガチの防災道具としてそろえていく方法もあるでしょうが、防災も少しイメージしながら、こうしたゆる〜ぃキャンプ道具をそろえていくというのもアリだと思うのです。

また、なかなか道具をそろえても、キャンプ場に行くこともないし〜〜というお声もあろうかと思いますが、実はいま「おうちキャンプ」とか「ベランピング(ベランダでグランピング)」といった、アウトドアではないご家庭にいながらキャンプを楽しむことも増えてきています。

防災をイメージしながら、おうちキャンプで道具を揃えていく。いざというときは、まるっと持ち出して避難所に行く(キャンプ道具があれば体育館や公民館などの閉鎖空間ではなく、校庭や広場があればそこが避難場になりますよね)。

というわけで、そろそろ防災道具を揃えていこう…と思っている方にはぜひ、キャンプ道具として揃え始めることをお勧めします。

寝袋

 

ランタン

 

アウトドアチェア

 

テーブルウェア

 

非常食/保存食

 

発電機/バッテリー

 

テント

 

車選びもキャンプ&防災目線で

 

あわせて読みたい

9月1日は防災の日。これから起こる自然災害に対して、手元にそなえておきたい「防災ブック」4選。
こんにちは、RESCUE4thレスキューフォースです。 9月1日の防災の日に向けて、いま手元においておきたい四冊の防災ブックを紹介します。防災って何も災害が起きた時だけの話ではなく、東日本大震災以降の日本においては[日常生活に防災を]取り入...

関連リンク

 

Amazon.co.jp
Bitly
Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました