荒川氾濫 堤防決壊- 本当の危機はこれから! 台風19号の広域大雨で複数本の河川が氾濫 「天気の子」のラストシーンの東京にならないことを祈るばかり

スポンサーリンク

こんにちは、RESCUE4thです。

台風19号の爪痕が残るなか、10月13日未明には東北地方を抜けて太平洋上で温帯低気圧になるということですが、台風による風雨が過ぎてからが、水害の本番がやってくる。

特に山間部に降った雨、ダムからの緊急放流、支流があわせてあわせて本流になってくる下流域。本当に堤防決壊などの危険、河川の氾濫の危険はこれからなのです。

平成29年に改訂されたフィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」H29 3改訂版 をぜひご覧ください。雨が止んだから、風が止んだからといってすぐに危険が去ったわけではない。そのことを知って欲しいと思います。

しかもこのフィクションドキュメンタリーは「荒川」一本の氾濫のみ。台風19号による広範囲の大雨によってこの氾濫河川が複数本になってくています。

さらにわるいことに、高潮の情報もあって…映画『天気の子』のラストシーンのようにならないことを祈るばかりです。

河川の状態は、気象庁のこちらのページが詳しくわかります。




洪水警報の危険度分布 気象庁

気象庁|洪水警報の危険度分布
洪水災害からあなたやご家族の命を守るための情報「洪水警報の危険度分布」のページです。洪水警報等が発表されたときに、実際にどこで危険度が高まっているのかを地図上で一目で確認することができます。

気象庁の洪水警報の危険度分布のウェブサイトです。実際にパソコン等で操作が必要なのですが、すでに左のスクリーンショットでみても関東地方で

  • 黒い線で表示されている河川がすでに氾濫が発生している河川。
  • 赤い線で表示されている河川が氾濫はしていないが氾濫の危険がある河川

ということで、もうすでに氾濫している河川が複数あることは、もう異常事態/非常事態なのです。

台風19号が日本を抜けて太平洋上で温帯低気圧になったからといって安心してはだめなんです。これからが、河川の氾濫の本番がやってくるのです。

常に自分が住んでいる地域の近くにある河川がどのような状態なのか、実際に見に行くのは死亡フラグなので、テレビやラジオ、ウェブサイトから情報を得て避難行動をとってください。

フィクションドキュメンタリーは荒川一本での水害ですが、現実は複数本の河川によるさらに広範囲な大水害が発生します。いわば『令和元年 東日本大水害』ともいえるような大水害の可能性があります。

 

あわせて読みたい

これからが要警戒 氾濫危険情報 - 荒川 入間川 多摩川 浅川 相模川の中流 千曲川の上流 菊川 - 氾濫危険水を超えている河川はさらに多数 これから夜になるのでとても心配です
こんにちは、RESCUE4thです。 河川の「氾濫危険情報」が、荒川・入間川・多摩川・浅川・相模川の中流・千曲川の上流・菊川に出ています。これから夜になるので、とても心配です。 荒川 入間川 多摩...




コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました