スポンサーリンク

週刊地震ニュース 8/22〜8/28 | 日テレNEWS – 【解説】「地震情報」“自動”ではなく最後は“人の手”で…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【解説】「地震情報」“自動”ではなく最後は“人の手”で…




地震が発生した時、私たちが受け取る「地震情報」。すべて自動で発表されているのではなく、“人の目”で最終確認をして発表の判断がされています。どう作成・発表されているのか?社会部災害担当・内藤ミカ記者が解説します。【週刊地震ニュース】

■鹿児島で震度4 先週は震度1以上の地震が21回
▼26日午前8時48分頃、
鹿児島県薩摩(さつま)地方で震度4の揺れを観測する地震が発生。震源地は天草灘、マグニチュード4.5、震源の深さ12キロでした。

■テレビなどで速報される「地震情報」は、 どのように発表されているのか?
▼「緊急地震速報」は最大震度5弱以上の揺れが予想された場合にテレビやスマートフォンなどを通して素早くお知らせすることで、強い揺れがくる前に身の安全を守るために活用されています。地震が発生すると、気象庁の最先端の観測システムが地震の規模と震度を推定して自動的に発表されます。

▼地震発生から約1分半後には「震度速報」が発表されます。震度3以上を観測した場所をお知らせするものです。

▼地震発生から約3分後には「震源」と「マグニチュード」、津波がない場合は「津波の心配はありません」という「震源に関する情報」が発表されます。

▼地震情報をどんな場所で作成して発表しているのでしょうか?気象庁にある「地震火山オペレーションルーム」と呼ばれる部屋です。全国に約1800ある地震計や約4400の震度計からの観測データがこの部屋に送られている。約40人の職員が5つの班に分かれて24時間体制で地震、津波、火山を監視しています。

▼緊急地震速報以外は自動ではない、気象庁の職員が判断して発表するいわば「人の仕事」なんです。自動で出されているわけではありません。

■震度速報「本当に地震による揺れなのか?」分析してから情報発信
「震度速報」は自動で発表されようとするのですが、その前にその地震が「本当に地震の揺れかどうか」を分析しないといけないそうです。

地震計は車の事故や工事などの生活振動をキャッチしてしまったり近くで雷が落ちると地震計が反応してしまうことがあるといいます。

そのため職員が地震の波形を確認して「人工的な揺れ」とわかった場合は震度速報を出さない、ストップボタンを押します。

震度速報を出すか出さないか判断を下すのは「人の仕事」なんです。

■震源に関する情報もデータを目視で確認。震源地を正確に見極めて速やかに情報発信
▼「震源に関する情報」は観測システムが自動計算して「震源」の情報が表示されます。その震源について地震の波形データの読み取りが間違っていないかを職員が目視でしっかり確認して大きく間違っていなければそのまま採用されます。

もし、おかしな読み取りがされていたら、観測点の値を削除したり読み取り直したり、再度震源計算を行って、その結果を採用するそうです。同時に、地震の規模を示すマグニチュード、津波がなければ「津波の心配はありません」という情報も出されます。

地震の波形データ、震度の広がりなどを照らし合わせて、人の目で確認をして、問題がなければ発表します。

▼気象庁の担当者によりますと、観測点が少ないところ、たとえば父島近海や南西諸島、千島列島などで発生した地震の震源決定は難しいそうです。震源やマグニチュードの誤差も大きくなりがちだと言います。

▼地震の経験を積むことで”相場感”を身に付けていくそうです。また、過去に実際に起きた地震のデータを使って日頃から訓練をしているそうです。

■東京と大阪、2か所にある「地震火山オペレーションルーム」
▼実は大阪管区気象台にもオペレーションルームがあります。

▼通常、地震が東日本エリアで発生した場合は東京、西日本エリアで発生した場合は大阪が地震情報を発表していて、地震が発生した時は、震源位置などに誤りがないか東京と大阪でダブルチェックするのがルールです。

▼2カ所で行うのにはさらに、重要なワケは、バックアップ体制をとっているんです。

万が一、首都直下地震など大きな災害が発生して東京の気象庁が機能できなくなった場合、大阪にある気象台が大切な情報を出し続けるということです。

■「津波情報」の発信は東京と大阪のオペレーションルームで1か月交代で担当
津波がおきた場合は「地震の情報」と「津波の情報」を出す必要があるので、東京の気象庁と大阪の気象台で地震と津波をそれぞれ分担で作業します。

たとえば、今月は東京が地震情報担当で大阪が津波情報担当だった場合、来月は大阪が地震担当といったように普段から1か月交代で担当が決められています。

理由は2つです。ひとつは、津波情報はオペレーションが多く複雑なので習熟するため。もうひとつは、日頃から緊張感を持って対応するためです。
(2022年8月29日放送)

あわせて読みたい

週刊地震ニュース 8/15〜8/21 | 日テレNEWS - 【解説】西之島の火口に赤色の池が 地震と火山の“深い関係”
【解説】西之島の火口に赤色の池が 地震と火山の“深い関係” 先月末に撮影した、小笠原諸島の西之島の最新映像では火口に赤色の池が-地震と火山の深い関係は? 社会部災害担当・中濱弘道デスクが解説します。【週刊地震ニュース】 ■15日...
週刊地震ニュース 8/8〜8/14 | 日テレNEWS - 【解説】わずか20分でM5クラスの地震相次ぐ 8月に入って地震続く北海道北部
【解説】わずか20分でM5クラスの地震相次ぐ 8月に入って地震続く北海道北部 8月11日未明に北海道北部でマグニチュード5クラスの地震が相次いで発生し、震度5強と5弱の揺れとなりました。この地域では4日にも震度4の地震がおきています。...
週刊地震ニュース 8/1〜8/7 | 日テレNEWS - 【解説】宗谷北部で震度4の地震震源の深さ7キロの浅い地震 活断層との関連は
【解説】宗谷北部で震度4の地震震源の深さ7キロの浅い地震 活断層との関連は 4日未明に北海道・幌延町で震度4のやや強い地震が発生。その後も震度3の地震が相次ぎました。震源の深さは7キロと浅い地震。近くにある活断層は?社会部災害担当・中...
週刊地震ニュース 7/25〜7/31 | 日テレNEWS - 【解説】富士山麓で震度3の地震 桜島噴火警戒レベル5の理由は?
【解説】富士山麓で震度3の地震 桜島噴火警戒レベル5の理由は? 先月25日には富士宮市で震度3をはじめ短時間で有感地震が相次いだ静岡県東部。その震源は? 爆発的噴火で噴石が2.5キロまで飛散。突然の噴火警戒レベル5への引き上げの根拠と...
週刊地震ニュース 7/18〜7/24 | 日テレNEWS - 【解説】震源から遠く離れているのに揺れる!? 「深発地震」と「異常震域」の関係性
【解説】震源から遠く離れているのに揺れる!? 「深発地震」と「異常震域」の関係性 震源から遠く離れている場所が揺れる現象。 これには「震源の深さ」が関係していた? 社会部災害担当・内藤ミカ記者が解説します。 ■18日~24日は...
週刊地震ニュース 7/11〜7/17 | 日テレNEWS - 【解説】"震度"と"マグニチュード"の違いは?
【解説】"震度"と"マグニチュード"の違いは? ■11日~17日は震度1以上の地震が26回も、震度3以上は0回 今月11日から17日の1週間、国内では震度1以上の地震が26回発生しました。このうち震度3以上の地震は一度も発生しません...
週刊地震ニュース 6/27〜7/3 | 日テレNEWS - 【解説】衛星を使い地面の動きを”ミリ単位で追尾” 今の地震と次の地震の姿は?
【解説】衛星を使い地面の動きを”ミリ単位で追尾” 今の地震と次の地震の姿は? 発生が切迫しているとされる南海トラフ巨大地震。引き金となる国土のうねりが一目瞭然で見えるGNSS。群発地震が発生している能登半島でも特殊な変動を観測。社会部...
週刊地震ニュース 6/20〜6/26 | 日テレNEWS - 【解説】日本列島地震相次ぐ それぞれの地域の地震の特徴は――日本海側でも津波に警戒
【解説】日本列島地震相次ぐ それぞれの地域の地震の特徴は――日本海側でも津波に警戒 26日夜、熊本で震度5弱の地震が。震度7を2回経験した6年前の熊本地震との関連は? 日本海側・石川能登地方の今後の地震の見通しは? 社会部災害担当・中...
週刊地震ニュース 6/13〜6/19 | 日テレNEWS - 【解説】石川・能登地方で「震度6弱」から一夜明け「震度5強」も…相次ぐ地震そのわけは?
【解説】石川・能登地方で「震度6弱」から一夜明け「震度5強」も…相次ぐ地震そのわけは? 最大震度6弱を観測した地震から一夜明け、再び震度5強の地震が発生した石川・能登地方で、いま何が起きているのか。今後の地震活動と注意点を社会部災害担...
週刊地震ニュース 6/6〜6/12 | 日テレNEWS - 【解説】家族4人で水76リットル!?首都直下地震後に必要な備蓄品の量は?
【解説】家族4人で水76リットル!?首都直下地震後に必要な備蓄品の量は? 今後30年以内の発生確率が70%の首都直下地震。増加する高層マンションで必要な備蓄品は?備蓄量は?社会部災害担当・中濱弘道デスクが解説します。【週刊地震ニュース...
週刊地震ニュース 5/30〜6/5 | 日テレNEWS - 【解説】日本の「耐震基準」が変わった"宮城県沖地震"から44年
 【解説】日本の「耐震基準」が変わった"宮城県沖地震"から44年 “都市型災害”といわれる「宮城県沖地震」の発生から今月12日で44年となります。日本の「耐震基準」を変えるきっかけになったこの地震はどんな被害の特徴があるのか?今後の地...
週刊地震ニュース 5/23〜5/29 | 日テレNEWS - 【解説】想定死者数6148人 首都直下地震の新たな被害想定から見えること――発災3日後に何が起きる?
 【解説】想定死者数6148人 首都直下地震の新たな被害想定から見えること――発災3日後に何が起きる? 今後30年以内70%の確率でせまる首都直下地震。東京都は10年ぶりに被害想定を公表しました。震度7でどんな被害が? 初めて出された...
週刊地震ニュース 5/16〜5/22 | 日テレNEWS - 【解説】海外からの"津波" 現在の対策は?
【解説】海外からの"津波" 現在の対策は? 22日昼頃、関東・東北地方で緊急地震速報が出される強い地震がありました。震源の茨城沖は地震活動が活発なエリアですが、今回は浅い場所が震源の珍しい地震でした。社会部災害担当キャップ・中濱弘道記...
週刊地震ニュース 5/9〜5/15 | 日テレNEWS - 【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は?
【解説】9日に与那国震度3 与那国・台湾周辺で相次ぐ大地震 将来M8の可能性も指摘 9日には沖縄・与那国町でも震度3の地震がありました。周辺は地震活動が活発なエリア。将来、マグニチュード8の可能性を指摘する専門家も――警戒すべき点につ...
週刊地震ニュース 5/2〜5/8 | 日テレNEWS - 【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は?
【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は? 大型連休、中盤から後半にかけての期間は震度3以上の地震が8回発生しました。京都では震度4の地震も。京都南部では3月末から地震が増加しています。京都は活断層の多くありますが関連は?社会部...
週刊地震ニュース 4/25〜5/1 | 日テレNEWS - 解説】1最近の地震は夜の発生が多い? そんなギモンにこたえます
【解説】最近の地震は夜の発生が多い? そんなギモンにこたえます 最近の地震は夜に多い?視聴者のそんなギモンを調べて専門家に聞いてみました。社会部災害担当キャップ・中濱弘道記者が解説します。 ■4月25日週の地震は―― 4月25...
週刊地震ニュース 4/18〜4/24 | 日テレNEWS - 解説】19日に茨城で震度5弱の地震 沖縄でも巨大地震の可能性
【解説】19日に茨城で震度5弱の地震 沖縄でも巨大地震の可能性 先週は茨城県北部を震源とする地震があり城里町で震度5弱の揺れを観測しました。政府の地震調査委員会は先月、沖縄でマグニチュード7程度の地震が今後30年以内に発生する確率を9...
週刊地震ニュース 4/11〜4/17 | 日テレNEWS - 解説】地震のマグニチュード その大きさはどのように決まる?
【解説】地震のマグニチュード その大きさはどのように決まる? 地震はどうして起こるのか、そして地震のニュースで必ず出てくる「マグニチュード」という言葉の意味と計算方法は。日本テレビ社会部災害担当キャップ・中濱弘道記者が解説します。【週...
週刊地震ニュース 4/4〜4/10 | 日テレNEWS - 【解説】南海トラフとの関連は?各地で震度4が6回
【解説】南海トラフとの関連は?各地で震度4が6回 今月4日から10日の1週間に震度1以上の地震は50回ありました。うち震度4は6回も。地震が多いと感じている人が多い中、愛知県東部の地震は南海トラフ巨大地震の震源想定域が震源でした。メカ...
週刊地震ニュース 3/21〜3/27 | 日テレNEWS - 首都直下地震の想定震源で何が起きているのか!!
【解説】各地で震度4の地震相次ぐ 都心地下は地震の巣『週刊地震ニュース』 先週も震度4の地震が相次ぎました。先月31日には千葉市で震度4の地震があり震源は東京湾でした。将来、首都直下地震発生が心配される中、この地震との関連は?備え...
週刊地震ニュース 3/21〜3/27 | 日テレNEWS - 能登半島,福島県沖,十勝地方南部を震源とする地震に注意
こんにちは、RESCUE4thです。 YouTube動画にはたくさんの自然災害に関する情報がアップロードされています。それらをピックアップしながらいつか来てしまう日に向けて準備を怠らない努力を続けていきましょう。 【解説】大津波の恐...

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました