スポンサーリンク

週刊地震ニュース 9/12〜9/18 | 日テレNEWS – 【解説】群発地震続く能登半島 地下にある流体?の正体を海から調査へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【解説】群発地震続く能登半島 地下にある流体?の正体を海から調査へ




2020年末から群発地震活動が続く石川県能登半島。地震の原因が分からない中、研究者たちは地下の構造を明らかにしようと海底での電磁気観測を実施しています。社会部災害担当・小林克之進記者が解説します。

■先週は震度1以上の地震が37回、宮古島・八重山地方では一時津波注意報も
今月12日から18日までの期間、国内では震度1以上の地震が37回発生しました。うち震度3以上の地震は3回でした。

▼13日の午前9時52分頃、北海道の函館市(はこだてし)などで震度3を観測する地震がありました。この地震の震源は青森県東方沖でマグニチュードは5.1、震源の深さは54キロでした。

▼18日午前11時09分頃、茨城県や千葉県で震度3を観測する地震がありました。震源は千葉県北東部で地震の規模を示すマグニチュードは4.6でした。

▼18日午後7時5分頃、沖縄本島北西沖を震源とするマグニチュード5.5の地震がありました。この地震では久米島町(くめじまちょう)で震度3となっています。

■台湾で大地震、沖縄では震度1の揺れも一時津波注意報
日本時間の午後4時前、沖縄県石垣市などで震度1を観測する地震がありました。この地震では直後に日本の気象庁が宮古島・八重山地方に津波注意報を発表しましたが、津波の観測はありませんでした。

地震の規模について日本の気象庁はマグニチュード7.3と発表しています。一方、現地の気象当局はマグニチュード6.8と発表しています。台湾で観測した揺れは、日本の震度では6相当にあたるとみられています。

今回は地震の震源が台湾の内陸部ということで津波は発生しませんでしたが、仮に震源が海底だった場合には津波が発生する可能性もあります。台湾では地震が相次いでいますので注意が必要です。

■群発地震続く能登半島…原因究明へ海底からもアプローチ
2020年末から群発地震が続いている能登半島ですが、原因について地下深くにある水のようなもの、流体が関与しているのではないかという見方が強まっています。

そんな中、大学や研究機関などが原因を究明しようと先週から海底調査を始めました。金沢大学などは去年は陸上から地下の構造を研究していましたが、今回は海底に機械を沈めて「電磁気を測定」することで地下深くにある流体の分布をより正確に把握しようというのが狙いです。

金沢大学・平松良浩教授
「陸域の観測だけでは15キロの深さの結果の信頼性がやや乏しいです。その信頼性を上げるためには海での観測も必要なので、今回海底での電磁気観測を実施することになりました」

今回の調査でより深い部分の地下の構造を明らかにし、地震と地下の流体の関係性の解明が期待されるということです。

兵庫県立大学・後藤忠徳教授
「立体的な地下構造、地下の電気の流れやすさ、流れにくさを求め、それから地下の流体がどのあたりにどれぐらいの量あるのかを解明する予定です」

海底で取得したデータは来月下旬に回収する予定で研究の結果は今年度中に報告される見込みです。

■今年6月には月45回、その後減少も地震多い状態続く
地震活動が活発になった2020年末から月別地震回数です。今年7月以降は減少しているように見えますが、2021年5月以前と比べると多く発生している状況が続いています。政府の地震調査委員会も能登半島の地震活動は当分続くと考えられるということです。

今後も被害を伴うような大きな揺れが発生する可能性が高いとの見解も示していて、強い揺れに備えをしてほしいと改めて呼びかけています。
(2022年9月19日放送)

あわせて読みたい

週刊地震ニュース 9/5〜9/11 | 日テレNEWS - 【解説】あなたの町のランクは? 地震時の危険度調査
【解説】あなたの町のランクは? 地震時の危険度調査 東京都が大規模な地震がおきた際の建物の倒壊や火災による危険度について調査結果を公表しました。都内5192地域を5段階で評価しています。社会部災害担当・中濱弘道デスクが解説します。【週...
週刊地震ニュース 8/29〜9/4 | 日テレNEWS - 【解説】動画で見る地殻変動データ25年分 押され続け無理がたまっているところは?
【解説】動画で見る地殻変動データ25年分 押され続け無理がたまっているところは? 4枚ものプレートがひしめき合う日本。海からのプレートに押され続け生き物のようにうごめいています。地面の動きを衛星を使ってミリ単位で観測しつづけた25年分...
週刊地震ニュース 8/22〜8/28 | 日テレNEWS - 【解説】「地震情報」“自動”ではなく最後は“人の手”で…
【解説】「地震情報」“自動”ではなく最後は“人の手”で… 地震が発生した時、私たちが受け取る「地震情報」。すべて自動で発表されているのではなく、“人の目”で最終確認をして発表の判断がされています。どう作成・発表されているのか?社会部災...
週刊地震ニュース 8/15〜8/21 | 日テレNEWS - 【解説】西之島の火口に赤色の池が 地震と火山の“深い関係”
【解説】西之島の火口に赤色の池が 地震と火山の“深い関係” 先月末に撮影した、小笠原諸島の西之島の最新映像では火口に赤色の池が-地震と火山の深い関係は? 社会部災害担当・中濱弘道デスクが解説します。【週刊地震ニュース】 ■15日...
週刊地震ニュース 8/8〜8/14 | 日テレNEWS - 【解説】わずか20分でM5クラスの地震相次ぐ 8月に入って地震続く北海道北部
【解説】わずか20分でM5クラスの地震相次ぐ 8月に入って地震続く北海道北部 8月11日未明に北海道北部でマグニチュード5クラスの地震が相次いで発生し、震度5強と5弱の揺れとなりました。この地域では4日にも震度4の地震がおきています。...
週刊地震ニュース 8/1〜8/7 | 日テレNEWS - 【解説】宗谷北部で震度4の地震震源の深さ7キロの浅い地震 活断層との関連は
【解説】宗谷北部で震度4の地震震源の深さ7キロの浅い地震 活断層との関連は 4日未明に北海道・幌延町で震度4のやや強い地震が発生。その後も震度3の地震が相次ぎました。震源の深さは7キロと浅い地震。近くにある活断層は?社会部災害担当・中...
週刊地震ニュース 7/25〜7/31 | 日テレNEWS - 【解説】富士山麓で震度3の地震 桜島噴火警戒レベル5の理由は?
【解説】富士山麓で震度3の地震 桜島噴火警戒レベル5の理由は? 先月25日には富士宮市で震度3をはじめ短時間で有感地震が相次いだ静岡県東部。その震源は? 爆発的噴火で噴石が2.5キロまで飛散。突然の噴火警戒レベル5への引き上げの根拠と...
週刊地震ニュース 7/18〜7/24 | 日テレNEWS - 【解説】震源から遠く離れているのに揺れる!? 「深発地震」と「異常震域」の関係性
【解説】震源から遠く離れているのに揺れる!? 「深発地震」と「異常震域」の関係性 震源から遠く離れている場所が揺れる現象。 これには「震源の深さ」が関係していた? 社会部災害担当・内藤ミカ記者が解説します。 ■18日~24日は...
週刊地震ニュース 7/11〜7/17 | 日テレNEWS - 【解説】"震度"と"マグニチュード"の違いは?
【解説】"震度"と"マグニチュード"の違いは? ■11日~17日は震度1以上の地震が26回も、震度3以上は0回 今月11日から17日の1週間、国内では震度1以上の地震が26回発生しました。このうち震度3以上の地震は一度も発生しません...
週刊地震ニュース 6/27〜7/3 | 日テレNEWS - 【解説】衛星を使い地面の動きを”ミリ単位で追尾” 今の地震と次の地震の姿は?
【解説】衛星を使い地面の動きを”ミリ単位で追尾” 今の地震と次の地震の姿は? 発生が切迫しているとされる南海トラフ巨大地震。引き金となる国土のうねりが一目瞭然で見えるGNSS。群発地震が発生している能登半島でも特殊な変動を観測。社会部...
週刊地震ニュース 6/20〜6/26 | 日テレNEWS - 【解説】日本列島地震相次ぐ それぞれの地域の地震の特徴は――日本海側でも津波に警戒
【解説】日本列島地震相次ぐ それぞれの地域の地震の特徴は――日本海側でも津波に警戒 26日夜、熊本で震度5弱の地震が。震度7を2回経験した6年前の熊本地震との関連は? 日本海側・石川能登地方の今後の地震の見通しは? 社会部災害担当・中...
週刊地震ニュース 6/13〜6/19 | 日テレNEWS - 【解説】石川・能登地方で「震度6弱」から一夜明け「震度5強」も…相次ぐ地震そのわけは?
【解説】石川・能登地方で「震度6弱」から一夜明け「震度5強」も…相次ぐ地震そのわけは? 最大震度6弱を観測した地震から一夜明け、再び震度5強の地震が発生した石川・能登地方で、いま何が起きているのか。今後の地震活動と注意点を社会部災害担...
週刊地震ニュース 6/6〜6/12 | 日テレNEWS - 【解説】家族4人で水76リットル!?首都直下地震後に必要な備蓄品の量は?
【解説】家族4人で水76リットル!?首都直下地震後に必要な備蓄品の量は? 今後30年以内の発生確率が70%の首都直下地震。増加する高層マンションで必要な備蓄品は?備蓄量は?社会部災害担当・中濱弘道デスクが解説します。【週刊地震ニュース...
週刊地震ニュース 5/30〜6/5 | 日テレNEWS - 【解説】日本の「耐震基準」が変わった"宮城県沖地震"から44年
 【解説】日本の「耐震基準」が変わった"宮城県沖地震"から44年 “都市型災害”といわれる「宮城県沖地震」の発生から今月12日で44年となります。日本の「耐震基準」を変えるきっかけになったこの地震はどんな被害の特徴があるのか?今後の地...
週刊地震ニュース 5/23〜5/29 | 日テレNEWS - 【解説】想定死者数6148人 首都直下地震の新たな被害想定から見えること――発災3日後に何が起きる?
 【解説】想定死者数6148人 首都直下地震の新たな被害想定から見えること――発災3日後に何が起きる? 今後30年以内70%の確率でせまる首都直下地震。東京都は10年ぶりに被害想定を公表しました。震度7でどんな被害が? 初めて出された...
週刊地震ニュース 5/16〜5/22 | 日テレNEWS - 【解説】海外からの"津波" 現在の対策は?
【解説】海外からの"津波" 現在の対策は? 22日昼頃、関東・東北地方で緊急地震速報が出される強い地震がありました。震源の茨城沖は地震活動が活発なエリアですが、今回は浅い場所が震源の珍しい地震でした。社会部災害担当キャップ・中濱弘道記...
週刊地震ニュース 5/9〜5/15 | 日テレNEWS - 【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は?
【解説】9日に与那国震度3 与那国・台湾周辺で相次ぐ大地震 将来M8の可能性も指摘 9日には沖縄・与那国町でも震度3の地震がありました。周辺は地震活動が活発なエリア。将来、マグニチュード8の可能性を指摘する専門家も――警戒すべき点につ...
週刊地震ニュース 5/2〜5/8 | 日テレNEWS - 【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は?
【解説】3月末から相次ぐ地震 活断層との関係は? 大型連休、中盤から後半にかけての期間は震度3以上の地震が8回発生しました。京都では震度4の地震も。京都南部では3月末から地震が増加しています。京都は活断層の多くありますが関連は?社会部...
週刊地震ニュース 4/25〜5/1 | 日テレNEWS - 解説】1最近の地震は夜の発生が多い? そんなギモンにこたえます
【解説】最近の地震は夜の発生が多い? そんなギモンにこたえます 最近の地震は夜に多い?視聴者のそんなギモンを調べて専門家に聞いてみました。社会部災害担当キャップ・中濱弘道記者が解説します。 ■4月25日週の地震は―― 4月25...
週刊地震ニュース 4/18〜4/24 | 日テレNEWS - 解説】19日に茨城で震度5弱の地震 沖縄でも巨大地震の可能性
【解説】19日に茨城で震度5弱の地震 沖縄でも巨大地震の可能性 先週は茨城県北部を震源とする地震があり城里町で震度5弱の揺れを観測しました。政府の地震調査委員会は先月、沖縄でマグニチュード7程度の地震が今後30年以内に発生する確率を9...
週刊地震ニュース 4/11〜4/17 | 日テレNEWS - 解説】地震のマグニチュード その大きさはどのように決まる?
【解説】地震のマグニチュード その大きさはどのように決まる? 地震はどうして起こるのか、そして地震のニュースで必ず出てくる「マグニチュード」という言葉の意味と計算方法は。日本テレビ社会部災害担当キャップ・中濱弘道記者が解説します。【週...
週刊地震ニュース 4/4〜4/10 | 日テレNEWS - 【解説】南海トラフとの関連は?各地で震度4が6回
【解説】南海トラフとの関連は?各地で震度4が6回 今月4日から10日の1週間に震度1以上の地震は50回ありました。うち震度4は6回も。地震が多いと感じている人が多い中、愛知県東部の地震は南海トラフ巨大地震の震源想定域が震源でした。メカ...
週刊地震ニュース 3/21〜3/27 | 日テレNEWS - 首都直下地震の想定震源で何が起きているのか!!
【解説】各地で震度4の地震相次ぐ 都心地下は地震の巣『週刊地震ニュース』 先週も震度4の地震が相次ぎました。先月31日には千葉市で震度4の地震があり震源は東京湾でした。将来、首都直下地震発生が心配される中、この地震との関連は?備え...
週刊地震ニュース 3/21〜3/27 | 日テレNEWS - 能登半島,福島県沖,十勝地方南部を震源とする地震に注意
こんにちは、RESCUE4thです。 YouTube動画にはたくさんの自然災害に関する情報がアップロードされています。それらをピックアップしながらいつか来てしまう日に向けて準備を怠らない努力を続けていきましょう。 【解説】大津波の恐...

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました